TWICEも泣きながら延期された様々な文化イベント…ヨイド(汝矣島)の桜祭りもコロナのため中止

TWICE 桜祭りTWICE NEWS 新規情報
TWICE 桜祭り

コロナで世界各地の文化行事がキャンセルされている中、

国内でも複数行事がキャンセルされている。

 

ガールズグループTWICEによる

日本の東京ドームコンサートが延期された。

 

今月15~16日に開催予定だった今回の公演は、

新種のコロナウイルス感染症の拡散の影響で再び延期された。

 

TWICE日本ホームページには、

「まだ収拾策が立っていない現状や政府及び関係機関等の方針に照らし、顧客やアーティスト、すべての関係者の健康と安全を最優先に考え、東京ドーム公演の開催を延期することとなった」

との告知が掲載された。

 

TWICE側は

「代替公演については日程などを調整している」

とし、再び公演が延期されたことについて謝罪した。

 

TWICEは当初、

ワールドツアー「TWICELIGHTS」の一環として、

今月3~4日に東京ドームでコンサートを計画していたが、

コロナ19の拡散により来月15-16日に1回延期した。

 

仁川市江華郡は

新種のコロナウイルス感染症の拡散を予防するため、

地域最大の祭典「高麗山ツツジ祭り」を中止し、

来月高麗山登山路も全面閉鎖すると明らかにした。

 

江華郡は今年の祭りを

18~26日間の9日間開催する予定だった。

 

しかし、全国にコロナの拡散の勢いが衰えていない。

 

また、今年3月、全羅南道求礼郡サンシュユ村の常春客が

確定判定を受けたため、祭りを中止することにした。

 

さらに、春の花見客がコロナに感染することを懸念し、

高麗山の登山路も閉鎖することを決めた。

 

今回の決定により、高麗山登山路は

ツツジの開花時点である11日から閉鎖される。

 

また、江華郡は江華邑北門通りで開く予定だった

桜祭り」も社会的距離を置くために取り消し、

来月7日からは北門通りの出入りも統制することにした。

 

韓相虎江華郡文化観光課主務官は

「今回の決定を広く案内し、観光客の混乱を防ぐ方針だ。大切な日常を取り戻すための不可避な措置であるだけに理解してほしい」

と説明した。

 

今年はソウル汝矣島(ヨイド)の桜まで

遠くから見守らなければならない状況である。

ソウル永登浦区は来月1日から

国会議事堂裏側の汝矣西路の車道と歩行路を全面閉鎖するとし

花見に来ないでほしい」という話を伝えた。

 

新種のコロナウイルス感染症拡散防止のため

先月発表した「2020永登浦汝矣島春の花祭り」の取り消しとは別に

通行自体を禁止する措置だ。

 

区は

「汝矣西路など汝矣島春の花道は春の花祭りを中止しても花見客の人出が押し寄せるものと予想される。昨年520万人が訪れた」

と説明した。

 

区は桜が開花する区間である国会3門から

西江大橋の南端の間、汝矣西路区間を閉鎖する。

 

インドはもちろん、車両まで統制する今回の措置を通じて

交通は4月1~11日、歩行路は2~10日統制し行楽客の出入りを防ぐ。

 

さらに汝矣西路だけでなく

汝矣島外郭全体の約6.8キロ区間に秩序維持要員を配置し、

無断駐車や不法露天商など基礎秩序の違反行為を取り締まる方針だ。

 

蔡賢一永登浦区庁長は

「区民の生命と安全のために汝矣島春の花道の全面閉鎖を決めた。春の花通りは地域社会の感染遮断でコロナ事態を終息させるための不可避な措置であることを広くご了承ください」

と述べた。

 

コロナで春を締めくくる「桜エンディング」も

「ファンシー」な公演も見られないが、

コロナを克服するために国レベルでも様々な措置をとっていることが肌で感じられる。

コメント