【全文】TWICEジヒョ、ウンエンウン発言を謝罪”感情的に話して申し訳ない”

TWICE NEWS 新規情報
TWICE-ジヒョ

ガールズグループTWICEジヒョが最近、

Vライブ途中に感情的な表現で論議をかもし、

デマと悪意のある書き込みによる

心理的苦痛を打ち明けて謝罪した。

 

ジヒョはTWICEファンページに

7日掲載した文で、

「昨日Vアプリのチャットで、

もしかしたらTWICEファンの方も傷ついて

失望したかもしれないと思うとすまない」

とコメントし、

続いて、議論が広がっていた

ウンエンウン発言についても謝罪した。

 

ジヒョはこの5日、Vライブで

ファンとコミュニケーションしていたところ

2019 MAMAで席を外した理由について

オンラインでの隠語とともに

「度々、関心を引きたがる人が

ウンエンウン(アレコレ)

おっしゃるので言いますが、

ただ体が痛かった。

 

申し訳ないです。

 

バッシングのネタがあったので

面白かったのでしょうけど。

 

わたしが体調悪いのは

どうしようもなかった」

と話し、論議を呼んだ。

 

ジヒョは同日、文で

「昨年3月頃にとんでもないデマで

私の名前が上がることになり、

その時から人々と向き合うことに対する

懸念が高まった。

 

空港で涙を見せた理由

人々が私を撮り、叫ぶことに

大きな恐怖を感じ、

どう考えてどんな視線で

私を眺めているかとても怖かった。

 

8月に私のプライバシーが伝えられ、

その後事実でない話も出てきて、

不安感、憂鬱感、恐怖など否定的な感情は

大きくなってしまい、

 

人々の前に立ったり、舞台をすることが

とても怖くて大変だった。

 

ツアー中も恐怖心が強く

病院にも足を運んだし、

相談をして薬も服用したが、

あまり役に立たなかった。

 

日本ツアーがスタートし、

MAMAの直前にあった日本公演から

人通りの多いところに立っているのが

とても大変だった。

 

3日公演の間

恐怖感に泣いたし、隠れたかったけど、

MAMAをするようになり

公演の時より一層、多い人たちに向かって

話して舞台しなければならなく、

呼吸することを努力していた。

 

韓国に入国する際、

また泣く姿、つらい姿を見せるのではないか

心配させたくなかったため、

メンバーと違う時間に入国したりもした」

と、自分がこのような表現を

書くことになった背景を説明した。

 

また、

「デビューからこれまで、

自分に悪口を言う言葉を何度も目にし、

傷つき、怒ったが

私がしたいことがあり

職業がありファンがいるから、

ただ黙っていた。

 

同情してほしいと訴えたいわけでもなく、

分かってほしいということでもなく、

私が昨日なぜ誰かに否定的な表現まで

するようになったのか言いたかった。

 

私がどんなことを経験しても

私はワンスの前で

本気ではなく近づいたことがなく、

ワンスが大切でないことがなく

またワンスを心配したことがなかったし、

昨日も私はあまりにも本気だった

と打ち明けた。 

 

特にジヒョは

「最も申し訳ないのは今のわれわれが、

またワンスが混乱する時期だということを

本当によく分かっている。

 

それで昨日感情的に話をしたことは

本当に申し訳ない。

 

ワンスにもチームにも、

その件でメンバーまで釈明するように書き込み、

その文章を見ながら

またワンスたちが話している話を見ながら、

 

私がやったことは、

私が整理して説明した方が正しいと思って、

このように書くことにした。 

メンバーとファンに謝罪した。

 

ファンには

「私がワンスの前で

歌を歌って舞台をして話をして、

このすべては私とワンスに

幸せになってほしいと思って、

それを本当に心から願っているから

この仕事をする。

 

私を愛してくれ、

暖かく抱いてくれるワンスたちがいるから

私はいろいろなことを我慢できるので、

ワンスが気を悪くしないでほしい。

 

自分がうまくやるつもりであり、

私たちだけで十分幸せで楽しく笑い、

明るく輝く大切な時間を

他のところに使わせたくない」

と強調した。

コメント