TWICEチェヨン”アイドルの幅を広めたい”初グラビアに挑戦

TWICE NEWS 新規情報
sports.chosun.com

TWICEチェヨンが

韓国雑誌「GQ KOREA」と

グラビア撮影やインタビューを進めた。

 

チェヨンは「GQ KOREA」との撮影で、

シックなブラックの衣装を

カリスマのように着こなした。

 

現場で明るく元気なチェヨンが、

カメラの前では変わる様子に

見守っていたスタッフたち

みんなが息を殺した

 

TWICEの末っ子として

可愛い姿を見せてきた

チェヨンの強烈な魅力に、

すべてのスタッフが

感嘆を隠すことができなかったという。

sports.chosun.com

以後、自らカスタムした

ヴィンテージTシャツを着て

「GQ KOREA」との

インタビューに臨んだチェヨンは

チームの末っ子として

幼い時からデビューして

可愛いイメージですが、

こんな強いイメージも

自らがよく似合うと思う

と切り出した。

 

絵を描くことが大好きなチェヨンは

「我に自由であることを表現したい」

と言う。

 

そして

クリステン・スチュワートが

カンヌ映画祭で

ドレスにコンバースを履いたように、

暗黙的なルールを破る人になりたいです

という初心を明らかにし、

 

「一般にアイドルはきれいで

可愛くて愛嬌が多い

イメージを持たれますが、

私はその幅を広げたいのです。

このような姿もあんな姿も

アイドルである可能性があり、

他の方式で表現することも

あると思います」

と話した。

sports.chosun.com

チェヨンは新しさを

追求して行こうとする

熱望をあらわにしながら、

 

「FANCYを見て

私たちのコンセプトが

単純にセクシーさに変わったとするのは

少し残念な話ではあります。

 

セクシーさだけが

私たちの突破口ではありません。

 

以前まではハツラツとした

エネルギー溢れる姿を

見せてきたと思いますが、

Fancyはもっと堂々とし、

直接的な姿を見せてくれました。

 

これを転換点に

私たちは見せてくれるのが

もっと多いというイメージを

持ってもらうために

今回グラビアへ挑戦しようと思いました

そしてそれが、私にとって

愛着が一番大きなアルバムに

なるでしょう

と明らかにした。

 

さらに、チェヨンは

「いつもみられる職業だから、

ある日は腫れていて、

どこか気にくわなくて、

痩せたい時もあります。

ところが結局、

こうして隠して暮らすことに

なんの意味があるのかと思いました。

作詞する時、

いつもそんな歌詞を書きます。

ありのままを見てほしいです

といい、

 

善良だが、待っていない人、

確かな好みと主観があり、

所信を持って自分の意見を

言える人になりたいです

と付け加えた。

 

 

TWICEチェヨンが

新たな魅力を披露した

多くのグラビアイメージと

率直なインタビューは、

GQ KOREA 9月号及び

GQ KOREAのホームページを通じて

見ることができます。

コメント